セキュリティについて知りたい

神奈川大学では、MNSアカウントがあれば無償でインストールできるアンチウイルスソフトダウンロードサービスなど、セキュリティ対策に向けた各種サービスを行っています。

エフセキュア アンチウイルスソフトについて

MIYAMO-NET serviceで提供する共通のアンチウイルスソフト (エフセキュア アンチウイルス キャンパスパックA) を、在籍(職)中は自宅PCなどでもダウンロードして利用する事ができます (独自の購入は不要になります)。

エフセキュアアンチウイルスソフトのダウンロードは、こちらから行ってください。

ダウンロードの際は、下記の同意事項(ダウンロードページに表示されます)に同意する必要があります。

同意事項

メールウイルス駆除サービス

学外とのメール送受信によるウイルス感染阻止を目的とします。

MNSメールアカウントを使って学外との間で送受信するメールは、メールサーバでウイルスチェックなどが行われます。 ウイルスを含んだ添付ファイル付きメールを検出すると自動的に添付ファイルが削除され、 メール受信者にはウイルス感染の添付ファイルが削除された旨のメッセージが送信されます。

学外にウイルス感染の添付ファイルを送付した場合もメールサーバにて配送を中断し、 送信者にウイルス感染の添付ファイルを検出した旨のメッセージが送信されます。

メールウイルス駆除通知について

学内でメールを送受信する際に、「メールウイルス駆除通知」という件名で、メールからウイルスが検出された旨の内容でメールが届く場合があります。 これは、メールサーバ側でメールに感染したウイルスを駆除したという報告なので、学生個人の使用領域(ホームフォルダ)や使用している端末に異常はありません。 メールの内容に心当たりが無い場合は、通知メールを破棄してください。

【通知メール例】

駆除通知

迷惑メールの対応について

MNSメールアドレス宛のメールは、迷惑メールの判定を行っています。迷惑メールとして判定されたメールは隔離ボックスに振り分けられます。 隔離されたメールがある場合、ユーザのメールアドレスに隔離メールがある旨の通知が配送されますので、隔離ボックスの迷惑メールを確認して、削除等を行ってください。

隔離ボックス内のメール確認、及び取り出し方法については、 「迷惑メールの隔離に伴うメールの確認および、隔離ボックスからの取り出しについて」をご覧ください。

※ 一度隔離されたメールは受信日から30日後に、隔離ボックスから自動的に削除されます。
ご自分の隔離メールは定期的に確認することをお勧めします。削除されてしまったメールの確認・取り出しはできません。

その他

毎月のセキュリティアップデート情報、各種セキュリティニュースについては  をご覧ください