利用時の注意事項利用時の注意事項

このページでは学内のネットワークサービスを利用する上で注意すべき事を説明します。

PC演習室利用時の注意事項

  • PCの利用は学修優先となっています。混雑時など、学修目的ではない利用を発見したときは、退席を求めることがあります。
  • PC演習室は、メンテナンスやトラブルによって臨時閉室することがあります。利用の際は、掲示物やMNSカウンタの指示に従ってください。
  • PC・モニタ等耐震器具で固定されている機器は、動かさないでください。
  • PC・プリンタ等に異常を発見したときは、MNSカウンタに連絡してください。
  • ログオンしたまま席を離れないでください。不正使用される恐れがあります。不正利用防止のために、席を離れるときは、PCをシャットダウンして荷物を持って退室してください。
  • ログオンしたまま放置されている端末を発見した場合、機器管理者がシャットダウン作業を行います。その場合、作成中のファイル等は保存されません。
  • モニタの電源は切らないでください。
  • ファイルを外部から持ち込む場合は、事前にウイルスチェックを必ず実行してください。
  • 音を聞くときはヘッドホンを使用してください。
  • 雨の日は、エントランスにて傘の水や衣服についた水分をよく落としてから、入室してください。床下の電源やPCに水がかかると故障することがあります。
  • ごみは自分で片付けてください。
  • 私語はつつしんでください。
  • 忘れ物が多発しています。離席の際はUSBメモリが差したままになっていないか、周囲に忘れ物がないかをよく確認してください。
  • PCの利用が終わったらシャットダウンしてください。

コンピュータ演習室利用時の禁止事項

  • アカウントの貸出し
    アカウントはPCネットワーク上で個人をあらわす重要な情報ですので他人に貸出してはいけません。
  • 他人のアカウント使用およびアカウント偽称(なりすまし)
    何らかの理由で知り得た他人のアカウントを使用したり、そのアカウントを第三者に使用させてはいけません。また、他人のアカウント情報を利用し、他人になりすます行為を行ってはいけません。発信元等の情報も偽称してはいけません。
  • 複数のPCにて同一アカウントで同時にログオンすること(二重ログオン)
  • PCネットワークを経由して、システムを不正に利用すること
    ※ 詳しくは「学校法人神奈川大学統合ネットワーク管理・運用規程」を参照してください。ネットワーク管理運用規程
  • PC等の機器に危害を加える、システムを改ざんする等、利用または運営に支障を与える行為。
  • コンピュータ演習室への飲食物持込、喫煙、携帯電話の使用
  • コンピュータ演習室での席取り行為
  • 不正コピーファイルのダウンロード等
  • 家庭用ゲーム機などのエミュレータの利用やネット対戦ゲームの利用
  • 法律を犯す行為および公序良俗に反する行為…神奈川大学の諸規則の他、法律や法令を犯す行為および公序良俗に反する行為を行ってはいけません。
  • 神奈川大学の諸規則の他、法律や法令を犯す行為および公序良俗に反する行為を行ってはいけません。

MNSサービス利用時の注意事項

コンピュータ演習室環境の個人使用ディスク領域(マイドキュメント等)について

コンピュータ演習室環境の個人使用ディスク領域には1GBの上限があります。 個人使用ディスク領域には、マイドキュメント、デスクトップ、メールデータ等、利用者自ら作成したファイル以外に、 Windowsシステムのすべての設定ファイル、辞書ファイル等も個人使用ディスク領域に保存されます。 したがって、すべての個人使用ディスク領域をメールやドキュメントの保存に使用することはできませんので、 不要なファイルは定期的に削除するよう心がけてください。

"個人使用ディスク領域が上限に達すると、 シャットダウン時「移動プロファイルの保存に失敗しました。十分な空き領域がありません。」 「移動ユーザプロファイルが完全に同期されていません。イベントログで詳細を確認するか、 管理者に問い合わせてください。」等のエラーメッセージが表示され、作成したデータが保存されないことがあります。次回のログオンに失敗する要因にもなりますので、不要なファイルは定期的に削除しましょう。"

個人使用ディスク領域(マイドキュメント等)について

個人データの自己管理について

作成したファイルやメールは各自責任を持ってバックアップを行ってください。 何らかのトラブルで保存したデータが破損した場合および各種設定が削除された場合でも、管理者側では一切の責任は負えません。

卒業、修了、雇用契約終了等で籍がなくなる場合は、必要なデータは必ず在籍期間中に記録メディア等に保存してください。

自宅PCから個人使用ディスク領域(マイドキュメント等)への接続について

自宅PCから大学のコンピュータ演習室環境のマイドキュメントやデスクトップ等、個人使用ディスク領域に保存したファイルを参照する場合は、WinSCP等のSSH(Secure Shell)クライアントソフトを利用して行うことができます。ファイルの移動、コピー、削除も行えますので、自宅での資料作成や授業準備等で活用してください。 また、自宅PCにファイルを移動することにより、データのバックアップに役立てることができます。

自宅PCから個人使用ディスク領域
(マイドキュメント等)へ接続するには
を参照してください。

記録メディアの利用について

各コンピュータ演習室のPC端末では記録メディア(USBメモリ、CD-RWなど)にデータの書込みが行えます。 なお、MNSカウンタでは記録メディアの貸出は行っていません。記録メディアは各自で用意してください。

  • ファイル暗号化ソフトをあらかじめPCにインストールする必要のある、セキュリティ機能つきのUSBメモリは使用できません。
  • CD、DVD各種記録メディアのバージョン、メディアの製造メーカによっては、一部対応していない媒体があります。
  • 書込み後の動作保証、購入に際しての責任は負いません。
  • SDカード、メモリスティックなどカードタイプのメディアは使用できません。また、MNSカウンタでは各メディア用接続機器の貸出も行っておりません。
【著作権に関する注意事項】
文章や写真、音楽、ソフトウェアなどの著作物に関する権利は、著作権者だけが持っています。 私たちがこれを複製、転載、改変する場合は、原則として著作権者の許諾を得なければなりません。 無断で複製、転載を行った場合は違法となります。
※ 詳しくは「神奈川大学情報倫理ガイドブック」を参照してください。